電話番号:0569-89-7750  TEL:0569-89-7750
 FAX:0569-89-7751
住所  愛知県知多市新舞子明知山102-8
 新舞子ビル201
営業時間  9:00-18:00

NPO法人設立

特定非営利活動とは、保健医療・社会教育・まちづくりなど 20種類の分野に該当する活動であり、不特定かつ多数のものの利益に寄与することを目的とするものです

NPO法人を設立するにあたって

NPO法人(特定非営利活動法人)に認証されるには、下記の要件を満たすことが必要です。

  • 特定非営利活動を行うことを主たる目的とすること
  • 営利を目的としないものであること
  • 社員の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこと
  • 役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下であること
  • 宗教活動や政治活動を主たる目的とするものでないこと
  • 特定の公職者(候補者を含む)又は政党を推薦、支持、反対することを目的とするものでないこと
  • 暴力団でないこと、暴力団又は暴力団員の統制下にある団体でないこと
  • 10人以上の社員を有するものであること
商号 「特定非営利法人」「NPO法人」「NPO」などを名称に入れるかどうかは任意です。
NPO法人の場合、「同一住所に同じ名称のNPO法人があってはならない」という決まりはありません。
※都道府県によっては名称について対応が異なる場合がありますので、必ず事前に確認しましょう。
事業目的 NPO法人設立後に行う事業について明確にします。事業を行うにあたり許可や届出が必要なものについては、関係する省庁や役場で確認しておくと良いでしょう。
また将来行う可能性がある事業も入れておくと良いでしょう。
事務所住所 自宅を事務所にすることもできますし、賃借した事務所スペースなどでも可能です。
事業年度 1年以内と決められています。1年以内であれば1年でも半年でもよいのですが、半年にすると繁雑な決算作業・事業報告書の作成を年に2回もすることになるので、最長の「1年間」をお勧めします。
役員の数 理事は3人以上、監事は1人以上が必要です。
理事の代表者が理事長(代表理事)となります。定款に規定することによって、副理事長や専務理事、常務理事、などいろいろな理事を置くこともできます。
運営方法の決定 NPO法人の最高意思決定機関は社員総会です。よって、NPO法人の解散や合併の決議、定款変更の決議等重要事項の決議は総会でしか行えません。
NPO法人の運営方法(事業計画や収支予算の作成・変更等)は定款に定めることにより、総会・理事会のどちらでも決定が可能になります。

checkNPO法人設立の流れ

  1. 設立の検討
    • 設立者が集まって法人化の検討を行います。
  2. 事前準備
    • 設立認証申請に必要な情報を入手し、準備します。
    • 不明な点を所轄庁に確認します。
    • 登記、税、社会保険等の手続きや事業を行うにあたって必要な許認可等についても調べておきます。
  3. 設立総会
    • 設立当初の社員が集まって、設立総会を開き。設立についての意思を確認するとともに、役員の選任、事業計画書、活動予算書の決定、設立代表者の選任等を行います。
  4. 申請準備
    • 設立代表者が中心となって、申請に必要な書類を取りまとめます。
  5. 設立認証申請
    • 所轄庁(愛知県※)へ申請書類を提出します。
      ※名古屋市のみに事務所を設置する場合の所轄庁は名古屋市となります。
  6. 公告・縦覧<申請後2ヶ月間>
    • 設立認証申請書に記載された事項が愛知県公報で公告されます。
    • 申請書類(副本)が社会活動推進課(あいちNPO交流プラザ内)で一般に縦覧されます(2ヶ月間)。
  7. 決定通知<申請後4カ月以内>
    • 審査の後、認証・不認証の決定が通知されます。
  8. 設立登記<認証後2週間以内>
    • 認証書受領後、2週間以内に主たる事業所の所在地、その後2週間以内に従たる事務所の所在地の法務局でそれぞれ登記が必要です。
    • 登記後、所轄庁(愛知県)へ設立登記完了届出書を提出します。